セミトールワゴンタイプ

セミトールワゴンタイプとは

63d354be7455d2cfe24b0282bc207dc8_sセミトールワゴンタイプとは近年登場した新しいタイプの車であり、軽自動車では特に大きな人気を集めています。
軽自動車業界を支えているといえる存在となっています。
特徴としては車内が広々とした空間となっており、長身の男性が乗ったとしても頭が当たることはありません。

トールワゴンタイプから分かれてできたタイプです。
目安としては立体駐車場の高さ制限以下になるように車高を抑えた車種のことです。
基本的にはトールワゴンタイプとコンセプトは変わらないのですが、立体駐車場を利用できることを重視しており、重心を低くしたことによって走行性能が高まっています。

トールワゴンタイプよりも自然なデザインとなっています。
ただし、トールワゴンタイプと比較すると車高を抑えているために室内の開放感は低くなっています。
実用性を重視したタイプのため、デザインは似たようなものが多いです。

2001年が最盛期となっており、各メーカーから相次いてセミトールワゴンタイプの車が登場しました。
現在ではハッチバックタイプと統合されるようになっています。
これまでに色々な車種が出てきたタイプであり、大きな人気を集めました。

軽自動車は室内が狭いことがネックとなっていたのですが、セミトールワゴンタイプならば家族で利用しても快適な空間が維持されます。
たくさんの荷物を積んで走ることも可能です。
デメリットとしては、普通の軽自動車と比べると燃費が落ちてしまうことです。
こちらのサイトでもセミトールワゴンタイプの解説がされているため、読んでみましょう。
>>http://netcar.seesaa.net/article/302642779.html

セミトールワゴンタイプの車

セミトールワゴンタイプの車は色々とあります。
そしてセミトールワゴンの車としてはホンダのN-ONEがあります。
他にも過去に出ていた車種として、三菱・ekシリーズや日産のオッティ、ダイハツ・ネイキッドなどがあります。

各メーカーの軽自動車の人気車種がセミトールワゴンタイプであることが分かるでしょう。
軽自動車の新たなブームを作ったきっかけとなったのがセミトールワゴンタイプであることは間違いないです。
これは軽自動車に対するニーズにきちんと対応した形となっています。

これから軽自動車を購入する際にはセミトールワゴンタイプに注目してみましょう。
実用性を重視して軽自動車を選びたい方にとっては最適な選択となります。