スバル・サンバー

50万円以下?で手に入れることが出来る楽しい日本車

今は軽自動車もかなり高くなって、初乗りという場合、100万円以下の車は少ないです。
しかし50万円以下でも楽しく、軽快に乗る事が出来る日本車があります。
みなさんにオススメしたいこの車は、スバル・サンバーです。

トヨタの傘下となったスバルは、軽自動車業界から徹底をしていますので、スバルブランドについては、トヨタ傘下のダイハツからの供給となります。
スバルの経営資源を効率よく活かすという事からダイハツの傘下、OEM供給となっているのですが、その結果、過去最高の収益を出したという事なので、この計画は経営的に大成功だったと考えていいでしょう。
スバルはこの独自開発した軽自動車によって、これから先、また軽自動車の価値を見いだしてくれる要因となるかもしれないのです。

注目はスバル・サンバーシリーズ

ダイハツ、ハイゼットのOEMモデルとして誕生したスバル・サンバーの現行型はフロントにエンジンを搭載するという後輪駆動という形式の車です。
しかしスバル・サンバーの独自開発モデルは、国産車としてはあまり見ることのない、リアにエンジンを搭載する後輪駆動「RR」車です。

この先、こういう車は登場しないのでは?と思うくらいに独創的だといわれるスバル・サンバーは、軽トラック、軽バンというものでありながらも、車好きをわくわく、ドキドキさせてくれるような存在です。
安くて楽しく、リーズナブルに乗りこなすことができるスバル・サンバーこそ、みなさんにもっと知っていただきたい車です。

2012年の旧型から現行への買い替えが急増中

2012年に旧型が販売されてから、現在、楽しく乗りこなすことができるスバル・サンバーの現行型への買い替えが非常に多くなっていて、流通台数がかなり多くなっているという所に注目です。
寝落ちが少ないといわれる軽自動車の中にあり、スバル・サンバーのシリーズはそれほどの高騰を見せず、緩やかな相場といえるのです。

つまり値段の下がりにくい軽自動車の中にあり、「買いやすい」軽自動車という事がいえるのです。
カーセンサーアフター保証対象者という事もあり、「総額50万円以下」という破格の費用で購入できるという魅力もあるのです。

スーパーチャージャーモデルも注目

スバル・サンバーシリーズ現行型のように、50万円以下の金額で購入できるとは言えませんが、旧型の軽商用車として、唯一スーパーチャージャー搭載のモデルも魅力です。
スバル・サンバーが好きというユーザーや、自動車評論家からは「農道を走るポルシェ」なんて呼び名を付けられる位、軽自動車の中にあり異質感が漂い、非常に面白い車となっているのです。
小回りが利きどこに行くにも躊躇しない軽自動車、中でもスバル・サンバーに注目してほしいのは、何もかも気が利いている楽しい車だからなのです。