スバル・プレオ1thモデル

スバル・プレオ1thモデル、注目です

スバルブランドの富士重工業の販売している車、「プレオ」は、軽自動車のスバル・360をひきつぐモデルとして誕生しました。
初代モデルはヴィヴィオの後継モデルとして、軽企画改定のあった1998年10月に発売されています。

2007年以降、商用グレードのみとなり、結果的に2010年に消滅したのですが、2010年4月、軽「セダン」という形でフルモデルチェンジし、魅力ある車としてよみがえりました。
その後、乗用モデルを再設定するという事になったのですが、2rhモデルとして誕生したのはダイハツ、「ミラ」のOEM車でした。

スバル・プレオ1thモデルの誕生

軽自動車の主流だったセダンタイプからトールワゴンタイプに移行が始まった1998年10月、スバル・プレオ1thモデルが発売されました。
ヴィヴィオの後継モデルとして開発が進められてきたプレオは、各メーカーがトールワゴンタイプを主力モデルとして発売する中、一番最後に登場したモデルとなってしまったのです。

ヴィヴィオ同様、スバエル伝統のメカニズムが起用され、ドバイバースカーとして開発されており、走りの面で非常に高いパフォーマンスを持っているという特徴がありました。
ボンネットは独立し、レガシィツーリングワゴンのように6ライトのウィンドウグラフィックが非常に魅力的な車です。

車の高さは、通常の軽トールワゴンタイプよりも低く、ルーフレール装着の車は1625mm、通常タイプは1575mmと低めに作られています。
スポーティグレードから商用モデルと非常に幅広いグレードが勢ぞろいし、軽自動車のトールワゴンタイプの最後発となったのに、1999年「RJCカーオブザイヤー」の特別賞を受賞するような車でした。

バリエーションとパワートレイン

スバル・プレオ1thモデルのバリエーションは6グレードが設定されていました。
スバル・プレオ1thモデルの月間販売目標としては8000台を目標としていたのですが、結果的に発売から10日間でこの玄関販売目標を達成し大ヒット作品となったのです。
プレオのPを利用したエンブレムから全グレードにおいてスバルの六連星(むつらぼし)に変更されています。

600cc直列4気筒エンジンを全グレードに採用し、SOHC自然吸気エンジン、低圧過給型スーパーチャージャー搭載、さらにリッターカー並みのSOHCマイルドチャージエンジンを搭載する事で動力性能を向上させています。
スポーツタイプのSOHCスーパーチャージャーエンジンは、高圧過給型スーパーチャージャー搭載、その他、ハイパフォーマンスモデルはDOHCスーパーチャージャーエンジンと4タイプの設定です。

トランスミッションに関しては、5速MTとCVTの設定で、ECVTを実用化していたという歴史があるため、軽バンにCVT採用となっているのは当時、スバルのみでした。
フロントブレーキは全グレードにベンチレーテッドディスクブレーキ、RSモデルにhアリアディスクブレーキを採用、特にRMとRSについては、世界初のCVT採用、さらに7速スポーツシフトまで採用されていたのです。