三菱・パジェロミニ

ミニといっても本格的SUVです

三菱パジェロは悪路ももろともせずガンガン走る事が出来る4WDの車として知られていますが、そのミニ版ともいえる三菱・パジェロミニは、IT関連らしくキュートで、多くのファンがいる魅力合増えるSUVです。
初代は丸い目が特徴的で、ミニであってもパワフルなエンジンが魅力でした。
特にターボモデルのエンジンは、1気筒5バルブの直列4気筒DOHC20バルブエンジンというすごさで、バルブの多さからもわかるように、非常にパワフルな車だという事がわかります。

パワーをあげるためにコストは考えない……というくらいの拘りを三菱・パジェロミニには感じます。
このパワーを受け取るために、フレームはラダーフレームのようプレス加工された部材をフロアパンに溶接し、モノコック構造のシャーシを利用しています。
ボディーも40km/hで前突時、乗員障害値規制、また1994年安全強化規制についてもクリアしている車です。
悪路を走ってこそ面白い車がパジェロですから、4輪ABS、SRSエアバックシステム装備と、安全性を考慮した車でもあるのです。

ミニだけど駆動方式だって一流

駆動方式には後輪駆動、FRとイージーセレクト4WDと呼ばれるパートタイム式4WD(2WDと4WDの切り替えができる方式)の2種類を採用しています。
イージーセレクト4WDとはどのようなものか?といつお、FRと4WDを切り替えることあでき、雪道、悪路などを走る場合には4WDを、通常走行の場合はFRを利用するという事が出来るのです。
4WD走行はどうしても駆動抵抗があるのでこうした切替を作ったのです。

タウンユース、たまにアウトドアという人にとってこのイージーセレクト方式はかなり都合のいい走りができる魅力があります。
4WDは、Hi/Lowの2段となっているので、パワーをより求められる場合、雪が深いというときなどには、Lowギアに設定する事で、より威力を向上させることができます。

初代三菱・パジェロミニの中古車はどのくらいの金額?

初代三菱・パジェロミニの中古車市場の車は、実に幅広い価格帯があり、安いものだと8000円、だいたい50万円以下という感じです。
8000円という物件もありますが、この場合、走破性の高さから過走行でも売れるという事があり、破格的な金額であっても売ってしまった方がもうかるという事からこうした非常に低い金額で売られているようです。

走行距離的に値段は低くなりますが、手数料で稼げるという事から、低価格で販売するという手法をとっているところも少なくありません。
雪が多い地域に需要が高いという事もあるので、雪国に暮らす人にとっては非常に操作性がいい三菱・パジェロミニは、お得で利用しやすい車といえそうです。

但し、問題は燃費です。
エコ的な車が多く、燃費のいい車が主流となっている現代ですが、三菱・パジェロミニはノンターボ車、FRでリッター14キロ程度、ターボのFRとなるとリッター12キロ程度です。
燃費という面ではやはり現代の車と比較して大分劣ります。