スズキ・カプチーノ

最初で最後?スズキ・カプチーノ

ハスラー、スイフトなどの名車を生み出しているスズキですが、1991年、当時大人気となった軽オープンスポーツカーを販売していました。
カプチーノと聞けば、当時話題沸騰となったので覚えている方も多いでしょう。

未だファンの多いスズキ・カプチーノとはどのような車だったのでしょうか。
1991年から1998年、スズキから販売されたスズキ・カプチーノについて、魅力をお届けします。

スズキ・カプチーノはこういう車

ホンダがビートという画期的な軽オープンスポーツカーを先駆け的に販売し、大ヒットとなってから、各メーカーが軽オープンスポーツカーの販売に乗り出しました。
その当時、スズキが世に送り出したのが、スズキ・カプチーノです。
ホンダのビート、オートザムのAZ-1などの当時の軽人気スポーツカーは、その頭文字をとり、スズキ・カプチーノと合わせて、平成のABCトリオなどと呼ばれ、大人気となったのです。

スズキ・カプチーノの大きな特徴となっている3ピース構造、これはカプチーノの魅力の一つともいえます。
ホンダのビートはオープンカーとして楽しむ車として人気となったのですが、カプチーノの場合、取り外し方によって楽しさを変化させることができるのです。
ただオープンカーとして楽しむというほか、その他の乗り方を楽しめるという事でも、スズキ・カプチーノは、軽スポーツカーの中でも差別化を図る事に成功したのです。

平成トリオの中で車重が軽い

ホンダのビート、オートザムのAZ-1、そしてスズキ・カプチーノ、この平成のABCトリオの中で最も車重が軽いのがカプチーノです。
車重が軽ければ軽いほど、車はパワー出力を無くすこともなく、コーナー侵入時、軽くすいっと曲がる事が出来ます。

スズキ・カプチーノは、操作性、ハンドリング性能において他社を圧倒していたともいえます。
加速に関してもエンジンのパワーと車重の軽さでしっかり加速する事が出来、走りの楽しさを追求した車ともいえます。

唯一のFRであるスズキ・カプチーノ

スズキ・カプチーノはそれまで販売されてきた軽自動車の中、唯一、FRです。
前後の重量配分がいい、MR同様に運転を楽しむことができる、高出力エンジンにも対応できるなどのメリットをたくさん持っているFRを、軽自動車に取り入れました。

現在の軽スポーツカーは、FF、MRが主流ですが、この点においてもカプチーノは、ファンを魅了しています。
重量配分は前と後ろで、51:49、つまり理想的な重量配分となっているのです。
そのため前後のバランスが非常によく、走行性が高くなっています。

4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンション

4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションが採用されているということも、このカプチーノの大きな魅力のひとつです。
このサスペンションを導入していることで、設計制約が少なく自分なりの調整ができる、強度を向上させやすい、コーナーがスムーズというメリットが生まれます。

エンジンを縦置きにしたことでこのサスペンションを採用する事が出来ました。
軽自動車はサスペンションが軟弱といわれる中、スズキ・カプチーノはがっちりした安定走行ができる、という事で楽しみも倍増されたのです。