ホンダ・ビート

軽自動車の中でも大ヒットを記録したホンダ・ビートはその後発売されるNシリーズの前に、軽スポーツカーとしての走りの楽しさ、軽快性を広く知らしめた軽自動車となりました。
スポーツカーの中でも軽自動車スポーツカーの時代を牽引したホンダ・ビートとはどのような魅力を持った車なのでしょうか。

ホンダ・ビートはいい意味でホンダらしくない車だった?

ホンダ・ビートは、1991年から1996年、オープン2シーターの軽自動車、スポーツカーとして販売された車です。
当時、NSXなどミッドシップレイアウトの後輪駆動方式を採用していたこのホンダ・ビートは、本当にホンダの車なのか?とホンダの愛好家たちが驚く車たったのです。

このホンダ・ビートには、軽自動車で初めて採用された部品やシステムを導入していることでも話題になりました。
SRSエアバック、四輪ディスクブレーキなどはこの当時、軽自動車に装備されることがなく、そのうえ、前輪13センチ、後輪14センチといったミッドシップレイアウト特有といわれるタイヤサイズが利用されていたのです。
個性的な見た目、スポーツ的なレイアウト、デザイン、その走りといい、手ごろな価格のホンダ・ビートは、あっという間に当時の若者たちの心をつかみ大ヒットとなったのです。

ホンダ・ビートは他社に影響を与えた

当時、このホンダ・ビートの大躍進は他メーカーに大きなショックを与えました。
今更軽自動車に工夫を凝らしても、このバブルの時代、売れないだろう?もっと高級志向な車を作った方が絶対に売れるはずという当時のメーカーの思考を吹き飛ばすように売れた車だったのです。

ホンダ・ビートが発売される以前、軽スポーツカーが売れるわけがない……と考えられていたのですが、他メーカーが驚くほどに、幅広い世代に売れていったのですから、それはきっと大きなショックだったでしょう。
ホンダ・ビートの大ヒットによって、軽スポーツカーの開発に各メーカーが乗り出したことはいうまでもありません。

ホンダ・ビートの魅力

ビートの魅力は、まず軽オープンカーであるという事です。
軽自動車は当時、デザインよりも実用性が重視されていた傾向にあり、かっこよくて自慢できるような軽自動車は存在していませんでした。
しかし、ホンダ・ビートの登場によって、軽自動車の常識が打ち破られ、幌、オープンカーと軽自動車の概念を覆す見た目で注目されました。

軽自動車は実用性がないと売れないと思っていたクルマ業界の考えが、全く間違ったものだったことをホンダ・ビートが表明したのです。
軽自動車でもこんなにスタイリッシュでカッコよく、魅力ある車になるのだという事をホンダが知らしめたという事です。

維持費が安い、セカンドカーにぴったり

通勤用と家族が楽しむセカンドカー、こうした考え方を持っている人が多かった当時、セカンドカーに税金や車検などの維持費がかかるのはもってのほかといわれていました。
税金などの維持費は安く抑えたい、でも本当はセカンドカーでもカッコよく乗りたいと思っているという世間の方の気持ちを、このホンダ・ビートが見事に商品化したといえます。

軽自動車は税金も安く、故障も少ない、修理もほとんど必要ないという車でした。
そのため、かっこよくて実用性の高い車が欲しいと思っていた消費者の心をぐっと掴みました。

泣き所もあった

ホンダ・ビートは素晴らしい車なのですが、泣き所もあります。
デメリットが全くない車なんて存在しないのです。

通常、現在販売されている車には、パワーステアリングが常識です。
しかし、マツダのAZ-1やスズキのカプチーノなどと同じように、ホンダ・ビートはパパワステ採用ではないのです。
車庫入れ、角が多い住宅街などにおいて操作性という面では大きな負担でした。
どうしてこんなに重いの?と思うくらいに重いハンドルを操作しなければならない、このパワステがないという事が最大の泣き所でしょう。

幌の耐久性がない

幌の耐久性も幌車特有の悩みとなってしまっています。
太陽光の影響を受けるという事もありますが、雨水、埃などによってどうしても幌の耐久性が落ちてしまうという欠点もあります。
幌をいたずらされるという事も多く、現代、この幌が傷つけられてしまうと、交換費用がかなり掛かるので、この点においても、デメリットがあるといえるのです。