マツダ・オートザムAZ-1

マツダ・オートザムAZ-1のトリッキーな魅力

1992年発売されたマツダのオートザム系列店によるミッドシップ方式、2シーター軽スポーツカーAZ-1は、非常にトリッキーな魅力を持っている車です。
特徴的なのがガルウイングドア、操縦安定性も高く居住性があるという事も魅力で、多くのマニアックなファンを持っている車です。
かなり特異なボディを採用しているという事もあり、非常に特徴的なデザインのある車です。

ボディ構造が特質している

シャシーに利用されているスケルトンモノコック構造は、非常に特異な作りで、フィクスドヘッドのボディは軽量化するためにFRPが多様されています。
キャビンはガラスキャノピーが採用されている非常に異質な車です。

TypeAと比較すると、スタイリングに軽自動車への規格変更に伴うボディサイズ拡大があったり、ヘッドランプにおいても、リトラクタブル方式が固定式になるなど相違点はあります。
しかし、基本的にこの特徴的なデザインは変わっていません。

全長、全幅は当時の軽自動車規格一杯のサイズです。
しかし全高については、ミッドシップ軽スポーツカーにあってホンダ、ビートよりも低いという特徴があり、歴代量販された軽自動車の中でも非常に低い全高を持っていました。
ホイールベースはビートより短く2235mm、車両重量も軽く720kgという車です。

エンジンはスズキ製ターボエンジン!

エンジンはスズキから供給を受けています。
0.66L直DOHCインタークーラーターボF6型、トランスミッションは5速MTのみです。

このエンジンは当時第人気となっていて、マツダ・オートザムAZ-1とホンダのビート、そしてスズキから発売されたカプチーノとともに、平成のABCトリオと呼ばれた軽スポーツカーにも採用されているエンジンです。
当時、スペックも同一のものでした。

室内は?

ミニマムな作りでバケットシート採用、ドライビングポジションも非常にタイトです。
グレード体系に関してはモノグレード、価格についてはビート、カプチーノより高い設定となっていましたが、このマツダ・オートザムAZ-1は非常に売れゆきのいい車でした。

販売台数については当時ビートやカプチーノは2万台から3万台以上生産という状態には届きませんでしたが、希少性の高さ、マニアックなファンが多いなどの点から現在でも中古車市場で人気のある車です。
中古になってからも値が落ちず、高値で取引されているというのもマツダ・オートザムAZ-1の特徴でしょう。

非常に外観が特徴的な車なので、一旦魅力を感じてしまうとものすごく愛着を持てる車といっていいでしょう。
実際、この車を手に入れたりという人は多く、現在も中古車に登場すると、買い手がかなり多くつくといいます。
ハンドル廻りなどが非常にシンプルでキュートなイメージなので、女性が乗る車としても素敵な車でしょう。