スポーツタイプ

スポーツタイプの特徴とは

軽自動車のタイプの一つとしてスポーツタイプがあります。
まるでスポーツカーのようなデザインや乗り心地を実現している車のことです。
スポーツタイプの軽自動車は少ないのですが、いくつか販売されています。

ボディはコンパクトであり、視線の低さがポイントとなっています。
普通車のスポーツタイプでは味わえないような走行感覚を体験できるでしょう。
軽自動車の場合は排気量が少ないのですが、特別チューニングが施されていることによってスポーツカーのような感覚を実現させています。

高速で気持ちよく走ることを優先させています。
その特徴的な運転感覚を好んでいる方は多いです。
普通車のスポーツタイプに比べると価格が安くなっているため手を出しやすいです。

ボディタイプは流線型となっていることが多いです。
基本的に前座席のみを使うことに特化しており、後部座席は一応つけてあるだけという位置づけとなっています。
スポーツタイプはクーペタイプと呼ばれることもあります。

2シーターが主流なのですが、4シーターのスポーツタイプも存在します。
2ドアタイプの車もあります。
実用性は低いのですが、長距離を高速で快適に走り続けることができます。
走るということに関してストレスがたまりにくいようにデザインされているのです。

スポーツタイプの軽自動車

軽自動車の中でもスポーツタイプのものは限られているのですが、そのうちの一つとしてダイハツのコペンは人気があります。
こちらはオープン2シーターであり電動式ルーフやアクティブトップ仕様を軽自動車では初めて採用したのが特徴です。
オープンカーの爽快さを軽自動車で実現しており、走行性能も優れているため、高く評価されました。

オリジナルのパーツで構成されており、ダイハツが力を入れて開発した車です。
軽自動車とは思えないほどの質の高さを誇っています。

スズキからはスポーツタイプの軽自動車としてカプチーノという車種がありました。
こちらはオープン2シーターであり、オープンとタルガトップ、Tバールーフの3タイプを楽しむことができる点が魅力的です。
フロントエンジン、リアドライブを採用しており、軽自動車でこれを採用していたのは販売当初はスズキだけでした。

スポーツカーを乗っているような感覚を得ることができるためとても人気があり、中古車市場では高値で取引されています。
軽自動車のスポーツタイプは他のタイプにはない魅力がたくさんあります。
ぜひとも購入してみましょう。

1boxタイプ

1boxタイプとは

軽自動車のタイプの一つに1boxタイプがあります。
1boxタイプは文字通り1つの箱という意味であり、空間が一つだけで構成されています。
日本発祥の言葉であり、ボンネットがないタイプの車に対して用いられます。

1boxタイプの場合はエンジンが運転席の下に位置していることが多いです。
これによって車内空間が広がり、とても乗りやすくなります。
たくさんの荷物を積めるようになるため、便利です。

似たようなものとしてミニバンがあるのですが、こちらはボンネットを持っている点が異なります。
ミニバンが流行るようになったことから1boxタイプはあまり注目されないようになりました。
それでも未だに一部の方は1boxタイプを利用しています。

1boxタイプはスライドドアを採用していることが多いため、ドアの開閉はとても楽です。
そのため、子供やお年寄りであっても簡単に乗り降りができるでしょう。
商用車として利用されることも多いです。

たくさんの荷物を載せることができるため、色々な商売の方に利用されています。
1boxタイプがどのようなものかイメージできない方はインターネットで画像を検索していましょう。
あるいは実際に現物を見てみましょう。
そうすれば、1boxタイプとは一体どういうものであるのかがすぐに理解できます。

1boxタイプの人気車種

1boxタイプの車は色々なメーカーから出ています。
その中でも代表的なものはトヨタのハイエースです。
こちらは1967年に登場した歴史の古い車種です。

積載量が多く、エンジンパワーに優れていて、耐久性があります。
価格が高いのですが、性能が高いことから商用として使われることが多いです。
たとえば、送迎バスや路線バス、貨物車、社用車などに利用されています。

個人ユースでも一部の方からは需要があります。
趣味で大荷物を運ばなければいけない方や、アウトドアが趣味の方にとっては重宝します。
日本だけではなくて、途上国や新興国においても人気が高いです。

ダイハツのアトレーワゴンも1boxタイプの車です。
こちらもトヨタのハイエースと同様室内空間が広々としています。
インテリアはとても上質であり、リラックスして過ごせるでしょう。

この他にも各メーカーから1boxタイプの車が出ています。
興味のある方は調べてみましょう。
さまざまな用途に適しており、これからも一定の需要を保ち続けるでしょう。

トールワゴンタイプ

トールワゴンタイプとは

トールワゴンタイプは軽自動車のスタイルの一つであり、ハイトワゴンと呼ばれることもあります。
ボンネットが全部に備えられており、2BOXハッチバックスタイルとなっています。
車高が高いのが特徴であるため、立体駐車場を利用することはできません。

トールワゴンタイプの中でも立体駐車場を利用できるタイプはセミトールワゴンタイプに分類されることが多いです。
つまりトールワゴンを軽自動車にしたと考えれば良いでしょう。
5ドア車が多く、スライドドアが採用されているものはほとんどありません。

現在の軽自動車によく見られるタイプであり、大きな人気を集めています。
その理由として、室内スペースがとても広く、使い勝手が良いです。
キャビンの高さを通常よりもさらに高くすることによって、広いスペースを確保することに成功しています。

ミニバンもブームとなっていますが、それに近い性質を持っているため、トールワゴンタイプも人気を集めているのです。
低価格であり低燃費であるためコストパフォーマンスに優れています。
不況の時代が続いているため、費用がかからずしかも使いやすいというトールワゴンタイプは注目され続けています。

トールワゴンタイプの人気が出たことによって、各メーカーがこのタイプの車の開発に乗り出しています。
各メーカーの軽自動車の人気車種はトールワゴンタイプであることが多いです。

トールワゴンタイプの人気車種

トールワゴンタイプの車はたくさん登場しています。
知名度の高いものとしては、スズキのワゴンRシリーズやMRワゴン、ダイハツのムーヴシリーズ、ホンダのライフやゼストなどがあります。
スバルのステラやプレオもトールワゴンタイプです。

これから軽自動車を買いたいならば、その選択肢として必ずトールワゴンタイプが候補に入るでしょう。
特に子育てをしている方にとっては車内に子供を複数乗車させたり、たくさんの荷物を運ぶ時にとても便利です。
実際に子育てをしているママがトールワゴンタイプの車を運転しているケースは多いです。

車初心者の方でも運転しやすいデザインであり、さまざまなバリエーションが登場しているため、自分の好みに合った車種を見つけられるでしょう。
これからもメーカーは真剣にトールワゴンタイプの車を生産していくことが予想されます。
さらに色々な機能が備わり、安全性や快適性を追求した車が誕生するでしょう。

トールワゴンタイプの軽自動車の良さを理解して、色々なメーカーから出されている車種をチェックしてみましょう。
総合的にとても優れている車種が多いため、どのような方でも満足できます。

セミトールワゴンタイプ

セミトールワゴンタイプとは

63d354be7455d2cfe24b0282bc207dc8_sセミトールワゴンタイプとは近年登場した新しいタイプの車であり、軽自動車では特に大きな人気を集めています。
軽自動車業界を支えているといえる存在となっています。
特徴としては車内が広々とした空間となっており、長身の男性が乗ったとしても頭が当たることはありません。

トールワゴンタイプから分かれてできたタイプです。
目安としては立体駐車場の高さ制限以下になるように車高を抑えた車種のことです。
基本的にはトールワゴンタイプとコンセプトは変わらないのですが、立体駐車場を利用できることを重視しており、重心を低くしたことによって走行性能が高まっています。

トールワゴンタイプよりも自然なデザインとなっています。
ただし、トールワゴンタイプと比較すると車高を抑えているために室内の開放感は低くなっています。
実用性を重視したタイプのため、デザインは似たようなものが多いです。

2001年が最盛期となっており、各メーカーから相次いてセミトールワゴンタイプの車が登場しました。
現在ではハッチバックタイプと統合されるようになっています。
これまでに色々な車種が出てきたタイプであり、大きな人気を集めました。

軽自動車は室内が狭いことがネックとなっていたのですが、セミトールワゴンタイプならば家族で利用しても快適な空間が維持されます。
たくさんの荷物を積んで走ることも可能です。
デメリットとしては、普通の軽自動車と比べると燃費が落ちてしまうことです。
こちらのサイトでもセミトールワゴンタイプの解説がされているため、読んでみましょう。
>>http://netcar.seesaa.net/article/302642779.html

セミトールワゴンタイプの車

セミトールワゴンタイプの車は色々とあります。
そしてセミトールワゴンの車としてはホンダのN-ONEがあります。
他にも過去に出ていた車種として、三菱・ekシリーズや日産のオッティ、ダイハツ・ネイキッドなどがあります。

各メーカーの軽自動車の人気車種がセミトールワゴンタイプであることが分かるでしょう。
軽自動車の新たなブームを作ったきっかけとなったのがセミトールワゴンタイプであることは間違いないです。
これは軽自動車に対するニーズにきちんと対応した形となっています。

これから軽自動車を購入する際にはセミトールワゴンタイプに注目してみましょう。
実用性を重視して軽自動車を選びたい方にとっては最適な選択となります。

セダンタイプ

セダンタイプとは

6a9d8be50219d8e9d41eea8503f39a02_sセダンタイプの車は昔から存在しています。
オーソドックスな見た目をしていて、特徴としてはエンジンルームと居室空間、トランクが分かれています。
3つの空間に分かれていることから3BOXと呼ばれることもあります。

今でも高級車の中にはセダンタイプが多いのですが、それ以外にはあまり見られなくなりました。
床が低いことが特徴的であり、そのため乗り降りがしやすいです。
自動車らしい見た目をしており、安定感があります。

質感の高い車種がたくさんあり、足元の空間がきちんと確保されているため、ゆったりとくつろぎながら過ごせます。
セダンタイプのメリットとしては、ベーシックなデザインであり、無難な選択となります。
特に中高年の方にとっては最新のデザインよりもセダンタイプの方が愛着があるためにこちらを選択するケースが多いです。

走行性能はとても安定しており、安全運転が可能です。
若者からお年寄りまでどのような年齢層であっても似合います。
デメリットとしては、あまりたくさんの荷物を積むことができません。

また、居住空間とトランクが分かれているため、長い荷物を積むことは困難です。
天井があまり高くないため、体の大きな方には乗り心地が悪いかもしれません。
車体価格が高めな車が多いです。

最近はセダンタイプの車があまり作られなくなっているため、ラインナップは少なくなっています。
このようなメリットとデメリットがあることを理解してください。

セダンタイプの人気車種について

セダンタイプとして代表的な車種の一つがダイハツのミラです。
こちらは1980年の登場して以来ダイハツを代表する車種となっています。
軽自動車の中でも標準的な存在として親しまれています。

実用的なデザインが施されており、乗っている方は快適さを感じられます。
多くの荷物を積むことができるためとても便利です。
ユーザーを満足させるためにさまざまな工夫が施されており、高級感があります。

スズキのアルトも軽自動車のセダンとして知られています。
こちらは1974年に発売されてからスズキを支えてきた車種となっています。
これまでに色々なモデルが出ており、今ではエントリーモデルとして認識されています。

低価格で提供されているため、気軽に購入できます。
さまざまな便利な装備が標準で取り付けられているため、オプションを利用しなくても問題ありません。
多くの方が乗っている車種であり、人気は高いです。

ダイハツからはミライースというセダンタイプの車もあります。
とても燃費が良いことで知られています。
多くの方から人気を集めており、とても乗り心地が良いです。
他にも軽自動車には色々なセダンタイプの車種があるため、チェックしてみましょう。