購入時に必要な書類

軽自動車を買うための必要書類

軽自動車を購入するためにはさまざまな書類が必要となります。
どのような書類が必要なのかは販売店のセールスマンから説明を受けることができます。
その中には事前に準備できるものも含まれているため、用意できるものは早めに準備しておきましょう。

まず普通自動車の場合は資産として登録しなければいけません。
一方、軽自動車の場合は資産とはみなされないため、基本的には軽自動車検査協会に対して届け出をするだけで良いです。
軽自動車には固定資産税がかからないため、必要経費が安く済ませられるのです。

普通自動車の場合は印鑑証明が必要となるのですが、軽自動車の場合は印鑑証明は用意しなくていいです。
軽自動車の場合は住民票があればそれによって届け出をすることが可能なのです。
したがって、発行してから3ヶ月以内の住民票はきちんと用意しておきましょう。

ただし、軽自動車に関しては本人確認のために印鑑証明を求められるケースもあります。
印鑑証明が必要となる場合は実印も準備しておきましょう。
実印と印鑑証明はセットでないと意味がありません。

また、実印が必要なかったとしても、印鑑は準備しておきましょう。
書類に捺印する必要があるからです。
この場合は認め印で十分です。

未成年の方が軽自動車を購入する際には後見人や親権者からの同意書や印鑑証明書が必要です。
ローンで購入する場合には、銀行通帳や運転免許証、収入証明のための書類などが必要になることがあります。
販売店から指定された書類を準備しましょう。

下取り車がある場合

軽自動車を購入する際に、今乗っている車を下取りに出すケースがあります。
この時には下取りのための書類の準備も必要となります。
具体的に必要なものとしては、車検証やリサイクル券、自賠責保険証明書、軽自動車納税証明書です。

これらの書類のうち紛失したものがあるならば、すぐに再発行してもらいましょう。
一つでも欠けていれば下取りすることができなくなります。
必要な書類の詳細は販売店にきちんと聞いておきましょう。

書類の手続きについてはすべてを代行してくれるため、指定された通りに書類を用意して、必要事項を記入すれば問題ありません。
中には書類のやりとりを面倒だと感じる方がいるかもしれませんが、これらはすべて法律によって決められていることです。
車を持つということはそれだけの責任が生じることであり、そのことを理解しておくべきでしょう。

このような手続きをするからこそ、違法な車の購入を防ぐことができるのです。
手続きはきちんと行いましょう。

軽自動車の購入方法

軽自動車の購入するための準備

PAK56_okaikeicureka20140208-thumb-815xauto-16729軽自動車を購入する前にまずは目的意識をはっきりとさせておきましょう。
自分はどうして軽自動車を買いたいと考えているのか、その理由を明確にしておくのです。
たとえば、子供の送り迎えや買い物のために欲しいのか、通勤のために欲しいのか、あるいは趣味として軽自動車を買いたいのか、目的によって購入するべき車種は変わります。

次に軽自動車を買うための予算について考えましょう。
車を購入する時にかかる費用は車両本体価格とオプション代、そして税金諸費用です。
これらを合計した金額が軽自動車の購入費用となります。

どれくらいの予算を準備することができるのか、あるいはローンを組むとしていくらまでならば許容範囲なのかを決めておきましょう。
その際には自分の判断だけで決めるのではなくて家族にきちんと相談することも大切です。
車を買うためにはかなり高額な費用がかかってしまうため、軽率な判断をするべきではありません。

以上の点についてきちんと考えたならば、さっそく車を購入するためのお店探しをしましょう。
新車を買うのか、中古車を買うのかによってお店は違います。
新車を買う場合にはメーカーを決める必要があるでしょう。

自分の乗りたい車種が明確に決まっているならば、そのメーカーを扱っている販売店に向かいましょう。
中古車販売店の場合は色々なメーカーの車を揃えていることが多いです。
車の販売店を見学するだけならば無料のため、どんな車を買いたいのかイメージできない方は、とりあえず販売店へ向かいましょう。
こちらのサイトには新車や中古車の購入について色々と解説されているため、参考にしてください。
>>http://i–love-car.com/buy_car_point.html

実際に車を購入する

販売店ではセールスマンとトークをしながら検討しましょう。
大抵の場合は実際に試乗することができるため、ぜひとも運転してみるべきです。
日常的に利用する場合は細かい点もきちんとチェックしましょう。

窮屈ではないか、収納スペースがあるのか、燃費は良いのか、馬力はあるのかなど、チェックポイントはたくさんあります。
車を買う場合はオプションについても検討しなければいけません。
オーディオやカーナビをはじめとして、他にも色々なオプションをつけることができます。

オプションをつけるためには費用がかかってしまうため注意しましょう。
買いたい車を見つけることができたならば、見積を出してもらいましょう。
どれくらいの費用がかかるのかを確かめます。

支払い方法については現金で一括払いをするのが最もお得ですが、それが難しい場合はローンを組んだり、クレジットカードを使うなどの方法があります。
価格交渉に応じてくれるケースもあります。
あるいは今乗っている車を下取りに出して、車を購入するケースもあるでしょう。

契約する際には書類の内容をきちんと確認してください。
そして契約書にサインをすれば、細かい手続きについては代行してくれます。
契約が完了して納車してもらえれば、車の購入は完了します。