売却時に必要な書類

車を売却するために必要な書類

軽自動車を売却するためには単に買取店に車を持っていくだけではいけません。
さまざまな書類を準備して、手続きを済ませなければいけないのです。
車はそれぞれ誰が所有者であり、どこに駐車されているのかといった点がすべて登録されています。

自動車を所有しているだけで税金を支払う必要があり、保険にも加入しなければいけません。
これらはすべて書類に記載されていることであり、車を売るということは所有者が変わることになるため、書類上の手続きが必要となるのです。
必要な書類に関しては買取店が教えてくれるでしょう。

しかし、事前にどんな書類が必要なのかを知っておけば、それらを準備しておくことができます。
もし書類を紛失しているようなことがあれば、それを再発行しなければいけません。
そのためには時間がかかってしまいます。

書類をすべて揃えることができない限りは車を売却することはできないのです。
これから車を売却しようと考えている方は、まずは必要書類の準備から始めるべきでしょう。
すべての書類を準備できてから、初めて買取店に車を査定してもらうべきです。

必要な書類としては、軽自動車の場合は自動車検査証と自賠責保険証明書、軽自動車納税証明書が必要となります。
他にも印鑑や振込口座、リサイクル券も用意しておきましょう。
買取店では自動車検査証記入申請書を作成することになります。
以上の書類を忘れずに準備しておいてください。

用意しておいた方が良いもの

上記の必要書類の他にも、車の買取の際には準備しておけばプラス査定となるものがいくつかあります。
たとえば、取扱説明書をきちんと取っておけば、査定額が多少上がるかもしれません。
すでに取り外してしまった純正品をきちんと保管しているならばそれも用意しましょう。

スペアキーがあるならば、それも渡しておきましょう。
車を購入した時についてきたものに関してはすべて揃えておくことによって、査定価格は上がりやすくなります。
案外失くしているものが多いため、用意できない方がたくさんいるのですが、車を買った時には将来売却する時のことを考えて、なるべく失くさないように取っておきましょう。

売却するために用意するべきものについて分からないことは気軽に買取店に問い合わせをしましょう。スタッフが親切に無料で対応してくれます。
買取店にとっては、これから車を売却しようとしている方は大切なお客様となります。
そのようなお客様に対して失礼な態度を取るようなことはありません。